34歳専業主婦のハッピーメール体験告白

結婚生活10年目の人妻ですが、仲良くしている彼氏が3人います。
そのどちらもハッピーメールで知り合いました。
もちろん、旦那には絶対に秘密です。
私が出会いサイトを利用するようになったのは、旦那にまったく女として見られなくなってからでした。
夫婦生活は結婚2、3年くらいでまったくなくなり、それからずっと私は悶々とした生活をしていました。
そんなときハッピーメールになんとなく登録してみて、人妻がとても男性受けがよいということを知ったのです。
プロフィールの欄に人妻と記入するだけで、毎日ハッピーメールに登録している男性からのコメントがあります。
最初はそれだけでとても嬉しく生活に張りももてたんですが、メールなどで会話をしていくうちに、だんだん大胆になっていく自分がいました。
そこではじめて、会ってみようと思ったんです。
はじめは一夜限りのお相手を探していたのですが、たくさんの男性と出会うようになって、そのなかでも特別相性のいい男性が何人か出てきたんです。
一夜限りではない男性と過ごす時間は、時間をかけたからこそあるふたりの「リズム」のようなものがあって、とてもエロティックだと思いました。
そうなんです。
利用していけば利用するほどに、少しずつ大胆になっていく自分がいるんですね。
そのことはとても驚きでした。
私は自分の女としての魅力がないと思っていたので、これほどまでに男性に声をかけてもらうなんて想像もしていませんでした。
でも、男性のなかには「人妻だからこその魅力」を私に見いだしているのかもしれません。
旦那にばれないように、利用するホテルはすべて家から離れた場所を選んでいます。
それでも待ち合わせをするときはドキドキです。
最近は「最近きれいになったね」なんて言われて、ふたたびドキッとしてしまいました。
今度は3人の彼バラバラではなく、一度でみんなで会ってみたいね、なんて話しています。
こういう大人の遊び方ができるのも、ハッピーメールの魅力ではないでしょうか。