23歳独身OLの愛人体験告白

私が愛人をすることになったのは、キャッチセールスに騙されて多額の借金を負ったのがきっかけです。
実家も貧乏で、援助は期待できませんでした。

私はそれまで恋愛経験がほとんどなく、男女のことも上手くできるかどうか不安でした。
風俗で働き、不特定多数の人の相手をするよりは愛人の方がいいと思いました。

どうやって、誰の愛人になったらいいのか全然見当がつきませんでしたが、とりあえず出会い系を利用してみようと思いました。
それで、どうやら悪質な利用者が少ないらしいワクワクメールに登録しました。

最初にプロフィールに「愛人募集です」と書いたら、毎日ものすごい数のメールが来ました。
どうも、直接的すぎたようです。
これでは相手を選ぶのは無理なので、ちょっと嫌な感じだとは思いましたが、「お金のある方限定で」とプロフィールに書きました。

それで1/3ぐらいに減りましたが、それでもまだ多かったです。
それらのメールを丹念に読み、誠実な感じのする人と少しずつやりとりしていきました。

その中から、何人かと会いました。
最初に会った人は、愛人希望という私の立場からすれば申し訳ないんですが、正直言いまして生理的に無理な感じでした。
次に会った方は値段を必死に値切ろうとしてきました。
お金の面でトラブルになりたくなったので、この方もお断りしました。

3人目にお会いしたのがSさんで、白髪まじりの50歳ぐらいの男性で、終始にこやかで穏和な感じでした。
服や身につけているアクセサリーなどからも、リッチな感じがしました。
それでこの方なら、と思い、愛人契約をしました。

愛人生活が始まってみるとSさんは非常に優しく、約束のお金以外にも時々プレゼントをくれます。
旅行に連れて行ってくれたりもします。
なのに約束の回数以上のセックスを要求してきません。
ベッドの上でも優しく、いたわるように私の体を愛してくれます。
あまり男性経験のない私だったので上手くできるか不安だったのですが、今では私の方もセックスを楽しんでいます。
借金もだいぶ少なくなってきたのですが、完済してもSさんとの関係は続けてもいいと思っているぐらいです。